シャボン玉ホリデー風『昭和歌謡ショー』にご注目!!

ご高齢の方にも懐かしく、楽しんで頂けるんじゃない?というメンバーの思いつきで、2018年のホーム慰問は、昭和歌謡ショーを昭和の大ヒット歌謡バラエティー番組「シャボン玉ホリデー」風にアレンジしました!

番組のアイドルだった可愛い双子の歌手、「ザ・ピーナッツ」や「ガチョーン」「お呼びでない?」など、「クレイジーキャッツ」の往年のギャグも飛び出します。

シャボン玉ホリデーにこんなキャラクターいたっけ?なぜか淀川長春さんが司会で登場。ドレス姿の女子たちに馬男が乱入⁈  三度笠姿の潮来のいたろうが歌いまくる?
何が飛び出すかわからない 笑い満載のエンターテイメントに仕上がりました!

もちろん鉄板の「歌う水戸黄門」も演りましたよ!5月、6月それぞれの慰問でキャストがちょっぴり代わっています。これを見つけられたら、かなりのニシハライド通です(笑)

唯一の本格合唱曲「川の流れのように」も頑張りました。ニシハライドを結成した頃に比べると、合唱しています!と言えるぐらいには上達してきているかもしれません。先生方の指導の賜物です。

踊れて芝居ができるのに、なぜか本格合唱するという、比類なき歌劇団(笑劇団ではない)目指して、各々方!これからも精進して参りますぞ!!
ワッハッハ…(黄門笑い)。

2018年5月27日に未来倶楽部東浦和に、6月10日にツクイさいたま岩槻に慰問に行きました。
劇の途中でお客様から掛け声がかかったり、一緒に歌ってくださったり。ホームのスタッフさんのご協力もあって、どちらも大盛況の上演となりました。

2回目のコンサート。            みんなでBe happy

2016年のクリスマスの約束から1年。ニシハライドのコンサートが帰ってきました!

今年はみんなの幸せを願って、コンサートのテーマを「Be happy!」としました。ハッピーエンドが素敵な映画の主題歌『美女と野獣』、爽やかな大人の恋を歌った『アメリカンフィーリング』、アニメ「大きく振りかぶって」の主題歌『青春ライン』、クリスマスらしいゴスペルソング『joyful joyful』、じんわり郷愁を誘う〝嵐〟の『ふるさと』、そしてアンコールとして、ミュージカル「アニー」の主題歌『tommorow』。全6曲に挑戦です。

「私の名前はルミエール。お城の給仕でございます」

コンサートは『美女と野獣』に登場するコミカルな登場人物の独白で幕を開けます。続く『青春ライン』では、歌の前に漫画「大きく振りかぶって」の名シーンを朗読劇で披露。登場人物のお面をつけてセリフを叫ぶ熱演で、大いに会場を沸かせました。
念願だったゴスペルにもなんと振り付きで挑戦。和泉先生のしっとりしたソロから、合唱団がアップテンポな曲調に合わせて歌い踊る、楽しい演出です。可愛らしいサンタとトナカイからの素敵なプレゼントもありました。

今回特別ゲストとして、ご登場頂いた「西校斜面林友の会」の会長、中村さんの楽しくためになるお話の後『ふるさと』を歌うことで、母校である浦和西高校や郷里に思いを馳せながら、フィナーレに向かいます。

今回のコンサートは「tommorow、tommorow、明日は幸せ」と結ばせて頂きました。
苦難も悲しみもあるからこそ、声を合わせて歌う喜びをみんなで感じて、それを大切な人に届ける…

そんな思いでみんなで作り上げたコンサートです。聴いて頂いた方に何か伝わるものがあれば幸いです。

お忙しい中、コンサートに足を運んでくださった皆さま、本当にありがとうございました。アンケートでのたくさんの励まし、温かいお言葉にも感謝致します。

  • 頭と両手にロウソクを付けて、可愛らしいルミエールの登場です。

  • 野獣がベルをおずおずとエスコート。ロマンティックな雰囲気に会場もウットリ?

  • 朗読劇「大きく振りかぶって」。続く歌の情景を演出する新しい試み。

  • 和泉先生のソロパートはコンサートに咲いた一輪の花

  • 転調と同時に、サンタガールズが飛び出して、ショータイム‼︎!

powered by crayon(クレヨン)